お気軽にお問い合わせください。TEL.079-294-9171 受付時間 月~土/11:00~19:00

お問い合わせフォーム

custody

成年後見制度

1.成年後見とはなんでしょうか?

判断能力に欠ける方の為に代わって財産等を管理したり・身上監護

(本人の心身状態、生活状態、社会参 加に対する希望の把握ならびに

意思確認・本人の住居を決定するための情報収集ならびに本人の意思確認・

本人の住居の維持、快適な住環境保持のための状況把握 等をする制度です。


もう少し、具体的に言いますと 認知症・知的障害・精神障害などの理由で判断能力をなくされている方々にとって、不動産や預貯金

などの 財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、 遺産分割協議

をしたりする必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しくなります。


また、自分に不利益 な契約であっても、判断ができずに契約を結んでしまい、悪徳商法の被害に遭うおそれもあります。

このような判断能力をなくされている方々を保護し、本人の生活を支援するのが成年後見制度です。


より具体的に言いますと 例えば、 痴ほう症になってしまい、財産の管理が出来なくなる(お金の入出金を銀行に断られた)

ことがあります。

そういう場合も、成年後見人を選任する必要が出てきます。

その他にも、 あなたに代わってアパートの賃貸管理をしたり、

または、

そのアパートを売って、その代金であなたの入院費を 継続的に支払う権限を成年後見人等に与えたり、

最近よくある話ですが判断能力が衰えていることにつけ込まれ、

不必要なものを買わされてしまった場合、成年後見人等の同意なく契約してしまったとしたら、 その契約を取り消すことがで

きる権限を与えるなど、権限を上手に組み合わせることによって、 あなたの望む暮らしを支援していくことが出来ます。

 

2.任意後見制度とはなんでしょうか?。

ひとり暮らしの老後を安心して過ごしたい。

高齢者施設などに入所するために契約をしたり、入所費用を払ってもらいたい。

併せてこれまで経営してきたアパートの管理もお願いしたい。出来れば元気なうちに今から頼みたい。

実際には、任意後見契約書を作るために、詳しくお話しを伺います。その後契約の内容を、打ち合わせします。

 

元気なうちから支援をはじめることも出来ます。

任意後見とは、成年後見とは違い、より自由な契約が可能です。

だれを、任意後見人として選任するかの内容の任意後見の契約書を公正証書で作成します。

そして、実際に必要になってきた時に、家庭裁判所に、任意後見監督人の選任の申し立てをし、 監督人が、その任意後見人が、適正な行動を行っているか、監督をします。 ですから、金品横領等の不正が行われるということはありませんのでご安心ください。

松元法書士事務所は、女性の司法書士で、何事も安心して話せ、 なによりも誠実をモットーとしています。

 

 

(任意後見の実際の例)

長年にわたって自己の所有するアパートの管理をしていましたが、 判断能力が低下した場合に備えて、司法書士との間で任意後見契約 を結びました。

その数か月後、本人は脳梗塞で倒れ左半身が麻痺まひするとともに、 認知症の症状が現れ、アパートを所有していることさえ忘れてしまったため、 任意後見契約の相手方である司法書士が任意後見監督人選任の審判の申立てをしました。 家庭裁判所審理を経て、司法書士が任意後見監督人に選任されました。 その結果、司法書士が任意後見人として,アパート管理を含む本人の財産管理、 身上監護に関する事務を行い、これらの事務が適正に行われているかどうかを任意後見監督人が 定期的に監督するようになりました。

 

(質問にお答えします)

自分の老後はどうなるのか非常に不安です。

病気になって、色々な手続きが残ったままでどうしたら・・・。

子供たちには迷惑をかけたくない。

当然ご不安よくわかります。義父も同じような状況でした。 その時に備えて任意後見人制度という制度があります。 成年後見制度では、そのようなご不安に頼りになる制度です。 その時点で体が動かなかったり、痴呆になってしまっている状態であるなら、後見人が病院での入院の手続きを行います。

その他の、周辺業務(電気料金の支払い、家賃の支払い)なども実際の現場では、行っています。 認知証なった場合でも、介護サービス事業者とサービス契約をしたりします。

その他 (よく混同して考えられるのが生前契約) 死後のことについて、なんとかしてほしいというご要望は、結構あると私たちは考えています。

 

私が死んだ後お墓はどうするの? →元気なうちにお墓の場所、種類などを決めておくことも可能です。

私のお葬式はだれがするの? →葬祭業者とあなたに代わって契約することが出来ます。

元気なうちに誰をお葬式に呼ぶのか等も決めておくと良いでしょう。

身寄りがないから不安。そのような方は他にも大勢いらっしゃいます。

万が一の場合、居住アパートの清掃、荷物撤去、葬送サービス、合同墓地への埋葬等など 様々な事が生前契約で実現することが可能です。

安心して姫路の松元司法書士事務所までご相談ください。

 

成年後見制度・任意後見制度は、これらの老後の不安を解決できる制度です。