お気軽にお問い合わせください。TEL.079-294-9171 受付時間 月~土/11:00~19:00

お問い合わせフォーム

working

労働問題

労働問題


賃金未払いについては、中小の事業場で頻繁に発生するトラブルです。


原因については、事業場の収益の悪化などが主たる原因です。


もう支払ってもらえないだろうと考えずに、積極的に請求することが肝心です。


どうしても支払ってもらえない場合は、姫路の司法書士 松元司法書士事務所までご相談ください。

<労基署の実情>


労基署に行っても、お役所仕事でしかありませんから支払いは、期待できません。


賃金という債権の支払いの履行を促すということではなく、法律を順守せよ という勧告をする行為


そのものが、労基署のお仕事です。


間違えてはならないのが、あなたの給与を取り戻してくれる 債権取り立て人ではないのです。


皆様、結構 そういうことをごっちゃにして考えていると思いますが、非常に重要なことです。


労基署は、労働者の味方のように思えますが、全くそうではりません。


あくまで中立です。


労働者と事業場と中立の立場にあるわけです。


社会的弱者救済という文字は、労基署にはありません。


あくまで、労基法に則った、指導を促し、命令に従わない事業場には、司法処分(送検)を行うに すぎません。


支払われなくなった賃金を取り戻すなら、司法書士をご利用されてみてはいかがでしょうか?


相談は無料です。


経営者様へ


経営者にとりまして、支払うべき賃金の資金不足するという事態は、色々なリスクをはらんでおり極めてコンプライアンス上問題がある状況です。 そのような不測の事態を起こらなくすることが経営者として当然なのですが、不景気の昨今そう簡単には事業運営は簡単ではないというところが本音の部分ではないでしょうか?

賃金が支払えない、  退職金が用意できない、

辞めさせたい労働者がいるが法律に抵触しないようにするにはどうすれば良いか

パワハラについて知識がない。

安全衛生関係の相談をしたい。

どのような問題でも適切なアドバイスをさせていただきます。

税理士様 社会保険労務士様など、事業場を顧問されていらっしゃる場合などにも、適切にアドバイスさせていただきます。